個人向けコーディング代行業務はあるのか

コーディング代行というと、一般企業向けの業務というイメージが強いかもしれませんが、ここ数年は個人によるコーディング代行業務の依頼も増えつつあり、エンジニアおよびプログラマの職域はますます広がっています。

アフィリエイトなどの手法で収入を得ることが一般的になってくると、企業のみならず個人単位でも本格的なウェブサイトを運営したり、サーバーを管理したりするケースが当たり前になります。とはいえ、アフィリエイターが必ずしもコーディングやSEO、システム管理のスペシャリストであるわけではないため、コーディングやプログラミングの部分だけを専門職に委託するケースが珍しくありません。

一般企業による委託とは異なり、個人でのコーディング代行依頼は原則として当事者間でのやりとりとなるため、報酬単価の交渉や納期の延長などについてもすべてマンツーマンの関係において取り決められることになります。

その意味で考えると、今後も当面は企業、クライアント、エンジニアという3者による受発注形式が主流になっていくと見られており、エンジニア側にとっても仲介業者が存在する雇用形態のほうが納品までのコミュニケーションもスムーズになり、安心して作業が進められるというメリットがあります。