コーディング代行でエンジニアに信頼されるポイント

実際のコーディング代行は、クライアントからエンジニア側への業務委託、というかたちで進行しています。ほとんどの場合、委託した段階で終わり、というわけではなく、発注後もエンジニア側と何度も折衝を重ねたうえで仕様書の不備を修正し、エンドユーザーにとって使いやすいウェブシステムの構築をめざします。

ビジネスでは当然のことですが、クライアントとエンジニア側との折衝ではひとつひとつの質問に対してクリアにしていく必要があります。仕様書の骨格がぐらついていたり、ディテールの部分を曖昧にしていたのではコーディング代行において本当に求めているかたちにならない可能性があります。依頼する代行業者はクライアントのニーズに的確に応えてくれる業者でなければなりません。

仕様書をその都度柔軟に変更することも重要ですが、その際には必ずなぜ仕様を変更する必要があるのか、ということをクライアントにきちんと説明し、きちんとしたコンセンサスを得られる状態にしている業者が安心です。

基本となるはずの仕様が頻繁にぐらつくのはつまり当初のコンセプトがはっきり定まっていないという可能性がありますので、まずは「何のためのシステムか」ということを具体的にイメージしたうえで代行業務を発注するようにしましょう。